最近のトラックバック

« 舞台『エール』! お客さまの声/パンフ用コメント全文掲載 | トップページ | 加害者家族の人権 »

それを作れば、彼が来る

S__1777668

2017.11.1 人生がシフトチェンジしたような気がする。

朝、熱望していた短編映画撮影への参加受諾の連絡が届く。洗濯機が壊れたというので妻と一緒に渋谷の電気屋へ出かけ、妻の思い出のお店で昼食。その足で六本木ヒルズへ移動。会議室で打ち合わせだと思ったら…連れて行かれたのは和食屋の個室!東京国際映画祭に出品している監督と打ち合わせを兼ねた食事会。いつにも増してパンパンになった腹を抱えながらドキュメンタリー映画『愛と法』鑑賞。作中、取り上げられている「無戸籍児問題」に取り組む井戸まさえさんと意見交換。新たなドラマのヒントを得たところで…ドレスに身を纏った宮﨑あおいさんを見かける。きっと上映作品のアフタートークだろう。作品は何かな? とサイトをチェック。2000年公開の『ユリイカ』だということが分かる。これ劇場へ観に行ったなぁ〜と感慨にふけりながらサイトを眺めていたら六本木ヒルズアリーナで『フィールドオブドリームス』の無料パブリックビューイングをやっていることを知る。1989年、高校生の時に劇場へ観に行き鳥肌が立った感動作だ。これは行かねば!とアリーナへ急ぐ。「それを作れば、彼が来る」。夢破れた男たちによる心優しいドラマに涙。エンドロールの出演者欄に「THE VOICE=himself」と書かれていたことに気づく。フッとスクリーンの横を観るとAbemaTVのスタジオが照明で光り輝いている。きょうは堀潤さんが担当の曜日だ。明日J-WAVEの番組でご一緒する方だ…。朝から続く…映画を軸にした連携プレーに何かを感じる。気のせいにはしたくない…だから今日という日を忘れないように…ここに記しておこうと思う。

S__1777670

« 舞台『エール』! お客さまの声/パンフ用コメント全文掲載 | トップページ | 加害者家族の人権 »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/414033/72112447

この記事へのトラックバック一覧です: それを作れば、彼が来る:

« 舞台『エール』! お客さまの声/パンフ用コメント全文掲載 | トップページ | 加害者家族の人権 »

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ