« 2016年7月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年10月

『泡』感想の一部です

随分前のメールを検索していたら2013年に福島県4都市で上演した舞台『泡』をご覧いただいた方から「芝居に誘った友人からこんな感想が届いたよ」というメールを発見。律儀に「引用始」「引用終」とあって…その前後に、どんな本音が綴られていたのか? 気になるところですが…ありがたい感想ばかりなので、ここに備忘録として引用掲載。

ちなみに『泡』ってどんな舞台?という方のために…文末に過去のインタビュー記事を貼付けておきます。よろしかったら読んでやってください。

---- 引用始 ----
今のふくしまの状態は、ふくしまに住んでる人じゃないとわからないと感じることが、最近続いていたのてすが、そうじゃなくてもここまで、住民の気持ちやコミュニティの状況を理解して表現できる人もいるんだと感動しました。
何年経っても、上演していただけたらふくしまのこの混乱や前に進もうとした気持ちを伝えて行くことができるのではと思いました。
(小学校同級、女性、公務員)
---- 引用終 ----

他にも、観終わったあと、「すんごくいい芝居だった」と電話してきた、小学校と高校の同級生。
福島公演のリピーターになった高校の同級生(リピートでは、差入れ持参)。どちらもカミさん同伴。

他にもありました。
---- 引用始 ----
思った以上に充実した舞台で、県の職員達も誘ったかいがありました。
元いわき在住者としては、地酒『又兵衛』など小道具も嬉しく、とても東京の人が作ってるとは思えません。
役者の個性もそれぞれの演技も素晴らしく、仕事も飲み会も犠牲にしして見に行って良かったです。
(小学校同級、高校、大学同窓、男、県庁幹部)
---- 引用終 ----

まだまだありました。
---- 引用始 ----
なかなか面白かったです。若い役者の皆さん、福島弁上手で、驚きました。
(姉)
---- 引用終 ----

---- 引用始 ----
福島の、私たちの、中にある、様々な思いが二時間のお芝居の中に凝縮されていて、笑いながらも、うーん、と思って観てきました。友達も皆、思わずいい芝居がみれた、のでくれぐれもよろしくお伝え下さい、とのこの事です。
(小学校同級、中学校同窓、女)
---- 引用終 ----

【雑誌「ローリングストーン」でのインタビュー記事】
http://rollingstonejapan.com/articles/detail/21336/1/1/1

【「泡」について津田大介さんとの対談】
http://www.tokyofestival.com/vol.13-awa-Special%20edition.html

| | コメント (1) | トラックバック (0)

スイスイと・・・

娘が自転車の補助輪を外して練習をはじめたのが9月のコト…最初はペダルを3回こぐのも大変だったのに…1ヶ月が経ったきのう、30分ほどの道のりをスイスイとこいで出かけた。もう、この子には、ママチャリの補助イスが必要ないのか…と思うと…父ちゃん寂しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本戯曲大事典

228932

載せてもらえました。励みになります。

http://www.hakusuisha.co.jp/book/b228932.html

『日本戯曲大事典』収録人名一覧
*太字は劇作家名として立項がなされている人名を示します
http://www.hakusuisha.co.jp/news/n16454.html

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年7月 | トップページ | 2017年1月 »