最近のトラックバック

« 障がいを持った経営者をもっと増やすという政策 | トップページ | 初カトケン! »

中学時代のボクへ…

Img_1348_5

座・高円寺で劇団扉座の舞台
「おんな武将NAOTORA」を観ました。


戦国時代に実在した女性領主・井伊直虎をモデルにした時代劇。
舞台、両袖には太鼓や笛、パーカッションが並び 生演奏をアクセントに展開する歌舞伎のような舞台でした。
初、扉座…初、横内作品だったので… 演劇の見せ方の違いを学んだ充実の2時間。
今週末、厚木市でも上演されるようなので、興味のある方は是非!


んで・・・ 堀潤さんがフジテレビの番組
『マネースクープ』で共演されている
有森也実さん主演のこの作品。
ボクが劇団をやっているからということで
「一緒に行かない?」と お誘いいただいたワケですが…
この写真をご覧いただいておわかりの通り…
終演後、堀さんにくっついて図々しく 楽屋へご挨拶に伺いました。
いや〜この写真はねぇ・・・ いまから25年以上も前ですが・・・
中学時代のボクに言ってやりたいですよ。
「おまえが夢中になってみている有森也実さんと、  
2 5年後…横に並んで写真を撮ってもらえることになるぞ!」ってね。
当時、NHKで富田靖子さん主演の連続ドラマが放送されていました。
ボクは毎週、それを楽しみにして観ていたんですが…
相当、食い入るように観ていたんでしょうねぇ…
オヤジが横に来て「なんだおまえ、富田靖子が好きなのか」と 言ってきました。
女優さん目当てで観ているというオヤジの推理の的確さに動揺しながらも
肝心の女優さんが間違っていたので
「は? 全然ちがうし」と、我ながらうまくかわせたと思ったのですが…
あとにもさきにも、
女優さん目当てでドラマを見続けたのって
この作品だけだったんじゃないかなぁ。
放送業界にいると、仕事上、
いろんなタレントさんの 楽屋にお邪魔することがありますが…
カメラの前と楽屋とでは、人間が違うんじゃないか?
っていうくらいの方もチラホラお見かけします。
そういうこともあるので
遠目から楽屋のお姿を拝見するだけでも良かったのですが…
いやいや…有森さんは、ボクが当時描いていた通り
良い方でした。むしろ、あまり芸能人という雰囲気を出さず
とってもナチュラルな優しさオーラを放っていらして…ステキな方でした。
ついで…というと失礼なのですが…
宮川一朗太さんもステキな方でした。
やっぱり業界で長く活躍される一流の方々は
お人柄も一流という持論が、また今回も裏打ちされた格好です。
食い入るようにテレビを観ていたころから25年が過ぎ・・・
ついに、その方の楽屋にお邪魔して・・・はぁ・・・
こんなことって起こるのね。 芝居をはじめて良かったと思った幸せな時間でした。

« 障がいを持った経営者をもっと増やすという政策 | トップページ | 初カトケン! »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/414033/57914055

この記事へのトラックバック一覧です: 中学時代のボクへ…:

« 障がいを持った経営者をもっと増やすという政策 | トップページ | 初カトケン! »

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ