最近のトラックバック

« ご来場いただき ありがとうございました! | トップページ | 廃れそうで廃れない文化の魅力 »

デザイン

ちょっと今日は、
いつもと違って口語調にくだけた感じで書いてみようかなと思ってます。

さて・・・・・・

原研哉さんの「デザインのデザイン」という本に
たしか「デザインとは何か?」みたいなことを説明するくだりで
印象的というか、スゲーわかりやすいなと思ったのが。。。

例えば、新しい「傘立て」をデザインしてくださいっていう注文があったときに
傘を入れる立体をデザインしたり、その表にどんな模様を付けるかとかがデザインなんじゃなくって
玄関の床に「穴」をいくつか作っておく・・・それがデザインなんだよっていう話。

その穴っていうのが、傘の先っぽがちょうどハマって
傘が自立する程度の深さになっていて
みんなそこに傘を刺していくっていう・・・

そういう新しいアクションを喚起することこそ
デザインなんじゃないの?みたいな話が書いてあって
ああ、これスゲーわかりやすいし、なるほどな〜って思ったワケですよ。

本を読んだのは、もう何年前だったかな?結構、前なんだけど・・・
読んだ瞬間に、この概念を物語表現にどうやったら導入できるのか?みたいなことを
ずぅ〜〜〜っと考えているんですよね。

物語表現っていうのは、
舞台だったり、ドラマだったり、映画だったり、絵本でも、小説でもいいんだけど
なんか、お客さんや視聴者や読者の行動を喚起できないかっていうね。。。

まあ、割とボクが描く物語って、例えば、この作品を見たら、ちょっと今までのアレが
新しく見えて楽しくなるでしょ・・・っていう提案型だったりするから
まあ、すでに実践しているっちゃ〜実践しているワケだけど
もっとこう、大掛かりに、演出や客席作り、空間づくりの面から総合的にアプローチできないかって
なんか、そんなことを考えているんですわ。

なんか、全然、答えが出ていないんだけど、手始めに今年の7月公演あたりで
ちょっと実験してみたいなと思っているという。

まあ、そんなことを、このブログに書いてどうすんの?って感じなんですけど
自分自身にとってのメモっていう意味と、対外的なプチ決意表明って・・・プチつけても大袈裟だけど
なんか、そんなことをやろうと思っているということを
まあ、書き留めておきます。

*関連したBlog記事⇒

『デザインとは何か?』(劇団東京フェスティバル)

http://senkyo-tokuban.cocolog-nifty.com/blog/2013/04/post-5c52.html

« ご来場いただき ありがとうございました! | トップページ | 廃れそうで廃れない文化の魅力 »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/414033/44332295

この記事へのトラックバック一覧です: デザイン:

« ご来場いただき ありがとうございました! | トップページ | 廃れそうで廃れない文化の魅力 »

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ