最近のトラックバック

« ICE | トップページ | 大好評! »

プリンターのインクカートリッジに想う・・・

わが家のプリンターが故障した
去年11月にも故障してメーカーに有償修理を頼んでから
1年も経たずに
また故障した

去年の故障時は公演日程と重なっていたため
自宅でプリントする必要があったため
修理に出している期間中の穴埋めと
今後同じようなトラブルがあった場合の保険として
もう一台プリンターを購入した

故障した機種と新たに購入した機種は
そんなに発売日が離れていない
にも関わらずインクカートリッジが別規格になっていて
故障したインクは使えない

仕方なく新しい機種用にあらたに予備のインクカートリッジを購入した

結果・・・

わが家には別々の規格のインクが買い置きされることとなった・・・

 

そこでボクは想った・・・

プリンターメーカーは数万円でプリンターを買わせたあと
インクカートリッジを買わせることでさらに儲けている

このビジネスモデル自体は否定しないが
新機種に移行した途端に
前のインクカートリッジがすべて使えなくなるというのはいかがなものか???

すべてのインクカートリッジに汎用を持たせろとは言いませんよ
でもね
少なくとも
前の規格のインクカートリッジも「画質は多少落ちますが」という断り付きで
使えるようにしてこそ
ホントのエコじゃないのか!?

みんなそれなりな大企業だから
その程度の開発は大したことないハズなのだ
サイズが合わないのならば
補助パーツを付けるのでもいいし・・・

修理が必要となった場合
修理代を払うくらいなら新しいの買おうかなという人は多いと想う
そうなるとその都度
買い置きしてあったインクがムダになってしまうんだ!
その数たるや
全国で一体何個あるんだ???
数個では済まないだろう
数千、数万個×数百円がムダになるしエコに反している!

ボクはエコ推進派ではないけれど
空のインクカートリッジを回収する手間をかけられるならば
このくらいの開発できないワケがない!

・・・とこういった話を
プリンターメーカーのお客さま相談係に
かなり苛ついた口調でまくしたてた・・・

おそらくは「めんどくせー客だな」と想って聞いていただろうけど
この工夫・・・つまり、少なくともひとつ前の世代のインク規格には汎用を持たせる
という工夫は
企業のエコ姿勢を世にアピールできるチャンスであるハズだし
悪い提案ではないと想うのだ・・・

プリンターが販売されるようになったのは昨日今日の話ではないワケで
こうしたクレームが来たのはボクからが初めてではないハズ
どこかの社が先んじてこうした工夫を施してくれたら
ボクはそのメーカーに乗り換えます!

どうか開発者のみなさん
この面倒なユーザーの
そこそこアリな(ハズの)提案を受けて
よりよい製品を作ってください


« ICE | トップページ | 大好評! »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/414033/42491749

この記事へのトラックバック一覧です: プリンターのインクカートリッジに想う・・・:

« ICE | トップページ | 大好評! »

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ