最近のトラックバック

« 作家・伊集院静さんが感じた『東日本大震災」 | トップページ | お花見&稽古 »

宿命

6月に上演される朗読劇
『RO-DOKU音戯草子~2011「99のなみだ」』(主催:ニッポン放送)の
演出を担当させてもらっているのですが…
その稽古前に、
映画「砂の器」が無性に観たくなった。
でも時間がないので、ラストの30分だけ鑑賞。

なんと豊潤で力強く悲しみに満ちた映画だろう。
これほどの品格と鋭さを兼ね備えた作品を
まだ自分は創れていない。

これから日本が直面する「宿命」に重ね合わせ
改めて覚悟する。
さあ、稽古場へ出かけよう。


« 作家・伊集院静さんが感じた『東日本大震災」 | トップページ | お花見&稽古 »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/414033/39522635

この記事へのトラックバック一覧です: 宿命:

« 作家・伊集院静さんが感じた『東日本大震災」 | トップページ | お花見&稽古 »

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ