最近のトラックバック

« 観てみようかな?と思っていただく材料になれば・・・ | トップページ | 興業として成り立たせる »

当たり年

今年は舞台の当たり年!?
観る舞台、観る舞台が、おもしろい。
「そこそこおもしろい」ものもあれば
「かなりおもしろい」ものまで
そのレベルはさまざまだけど
口直しにTSUTAYAに寄って行こうという必要がない。
これはありがたい。

好きな役者さん
信頼している役者さんが
つまらない作品に出ているのを観るのはホントにつらい。

舞台は稽古が始まってもホンが出来上がっていないコトが多く
ボクもそのひとりですが・・・
結果、出来上がったホンがヒドかった場合
いくら役者さんの腕が良くても、立て直しは利かないもんです。
そういった意味で、役者さんに罪は無いだけに
その芝居に関わっていないけれど、
書き手側に立つ人間として辛く感じてしまう。

面白い芝居とつまらない芝居には
歴然と差がある。
・・・まあ、断言するほどのコトでなく、
文字だけ追えば、当たり前のコトを言っているだけですが・・・

たぶん、面白くない芝居を2本続けて上演しちゃう劇団は
自分たちが面白くないモノをやっている自覚が無いのだと思う。
1本くらい、たまに面白くない作品が出てくるのは
これは人間のやることだから仕方がない。
でも、2本つづけてとなると、これは、考え直すべき課題だ。

今年観た劇団・ユニットの次回公演を観てボクは確かめたい。
おもろいところは、何回やってもおもろいということを
そして、そのまた逆もしかりだということを・・・
ただし、「おもしろくない!」と断言するには2回観てあげる
やさしさも必要なんだよな・・・そこが面倒。
まあ、フツーは1回で見限られちゃうワケだ。

« 観てみようかな?と思っていただく材料になれば・・・ | トップページ | 興業として成り立たせる »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/414033/33305471

この記事へのトラックバック一覧です: 当たり年:

« 観てみようかな?と思っていただく材料になれば・・・ | トップページ | 興業として成り立たせる »

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ