舞台『幸福な職場』(09.4&10.7&14.2)関連

2017 版 『幸福な職場』 

D1d36675s 

(©演劇キック 観劇予報)

舞台「幸福な職場」が千秋楽を迎えました。小屋入りから千秋楽まで1週間。あっという間でしたが、濃密な時間でした。おかげさまで千秋楽もスタンディングオベーションをいただくことができました。最後列で次々と立ち上がってくださるお客様の背中を観て、なんともいえない感動に包まれました。

.

「幸福な職場」は日本理化学工業のみなさんが紡いで来た歴史と想いを受け継ぐほんの小さなバトンに過ぎません。ですが、お客さまひとりひとりの心にバトンが渡ったとき、きっと世の中はほんの少し良い方向に動いていくのだと思います。

.

素晴らしいキャスト、スタッフの皆さんのおかげで、とてもステキなバトンをお客さまにお渡しできたと思います。受け取ったバトンを大切にして頂き、次に繋げて頂けたら、こんなに幸せなことはありません。ご来場いただいたみなさま、気にかけてくださったみなさまに…心から「ありがとう」

.
舞台写真がたくさん!
セットの雰囲気を含め役者さんの表情が良い感じで写ってます⇒

| | コメント (0) | トラックバック (0)

記念に

『幸福な職場』

2016北海道ツアーの稽古快調!
主演の岡田達也さんのブログがうれしすぎる内容だったので

| | コメント (0) | トラックバック (0)

舞台『幸福な職場』当日券 毎回ご用意あります!

ご予約状況に応じて枚数の変動がありますが…
当日券は毎回ご用意いたします!
-
-
『幸福な職場』2/9(日)14時
当日券のご用意もございます!
派手な演出も驚くようなドンデン返しもないストレートな芝居ですが…
心あたたまるお話と好評いただいています。

本日も、みなさまのご来場お待ちしております!
2014_3 -
劇団東京フェスティバル
『幸福な職場』
作・演出 きたむらけんじ
-
【キャスト】
岡田達也(演劇集団キャラメルボックス)
菊池均也
桑江咲菜
土屋史子
滝寛式
朝倉伸二
-
【公演日程】
2014年(*上演時間は1時間30分を予定しております)
2/5 (水)19:30
2/6 (木)15:00/19:30
2/7 (金)19:30
2/8 (土)14:00/18:00
2/9 (日)14:00
2/10(月)19:30
2/11(火・祝)13:00/17:00
2/12(水)14:00
※受付開始は開演の40分前、開場は30分前です
-
【会場】
駅前劇場(下北沢)
幸福な職場への道のり(駅前劇場までのアクセス)
小田急線・京王井の頭線「下北沢」駅 南口改札口を出て正面
TAROビルの3階です。徒歩0分!
お問い合わせ番号 090-1262-3381(制作:新居)
★以前、掲示しておりました「ロビー直通番号」は誤りでした。
 間違って問合せの電話が行ってしまった先の方には
 大変、ご迷惑をおかけいたしました。
 慎んでお詫び申し上げます。
Safe_imagephp
-
【チケット】
一般発売開始 12/21(土)10:00
https://ticket.corich.jp/apply/50840/002/
-
【料金】
4500円(全席指定)
-
-
【あらすじ】
『倍返しだ!』なんて、簡単にいえないあなたに贈る
心に優しい感動ストーリー…
-
-
『この職場には、幸せがつまっている』
-
黒板で使うチョークの最大手メーカー
『日本理化学工業』(川崎市)で約50年前に
起こった実話をベースに
フィクションを加えて再構成した感動物語。
-
昭和34年、
とある町工場で実際に生まれた小さな「しあわせ」。
ひょんなことから同僚になったひとりの女の子。
あたりまえの日常がささやかな奇跡を呼び、
町工場は少しづつ変化してゆく・・・
-
ブラック企業、派遣切り、名ばかり管理職…
暗くなるような言葉ばかりが目につくいま…
-
物語は、仕事…働くことについてあらためて問いかけています。
あなたにとって「幸福な職場」ってどんなところですか?
2014_2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

どえらいことに!

2014年1月28日付
東京新聞(東京版)22面に
デッカく!取材記事を掲載していただいたこちらの舞台
いよいよ明後日 5(水)初日です! 12日までやっていますが…
後半になればなるほど、土日・祝日であるほど…
チケットのご予約が難しくなることが予想されます。
おはやめのご予約を!
1656378_642461439145026_1793349755_
さらに!
どえらいことになりました!
『幸福な職場』の公演に合わせて
テレビ局とコラボ企画が実現!
『幸福な職場』のモデルになった日本理化学工業
こちらの大山泰弘会長と夏野剛さんの対談番組が
公演初日2/5(水)から再放送されることが決定しました!
シアターテレビジョン
FREE!シアターTV
夏野剛『Tokyo Business Residence #207』
ゲスト:大山泰弘(日本理化学工業株式会社/会長)
観る前に観るか?
観てから観るか?
というか…
シアターテレビジョンのみなさま!
夢のコラボを…ありがとうございます!
http://www.theatertv.co.jp/movie/10562

| | コメント (1) | トラックバック (0)

稽古納め

1504012_391396570996644_1798393784_


昨日は舞台『マーブル』と『幸福な職場』
稽古のダブルヘッダー。
(*幸福については、稽古納め)
(*マーブルは本日納めます!)
-
稽古場へお歳暮代わりに、
福島県いわき市の老舗かまぼこメーカー『貴千』の
揚げかまぼこ詰め合わせを持って行く。
-
みんなウメーウメーの大合唱!
そうなんです、理屈抜きでウメーのです。
-
http://www.komatsuya3rd.com/
Slide03_3
-
役者のみなさんの反応をみて
楽屋見舞い、稽古場見舞いに持って行くには最適だなぁと
あらためて確信するのでした。
-
お菓子をいただくことが多く。
それはもちろん、とってもありがたいのですが
そのなかに、こういう塩気のある差し入れって
重宝されますよねぇ・・・
って、おれは「貴千」の回し者か!?
-
演劇関係者の方が多く見ておられるかなぁと思いまして
わたくしなりのレコメンドを最後に
年の瀬のごあいさつに代えさせていただきます。
-
舞台『マーブル』は1/23〜27(@下北沢・楽園)
http://www.nelke.co.jp/stage/piepie/
-
舞台『幸福な職場』は2/5〜12(@下北沢・駅前劇場)
http://www.tokyofestival.com/
-
どちらもリンク先でもチケットをお求めいただけますし
入力が面倒でしたら、わたくしにメッセージをお送り下さい。
「ご予約承りましたメール」の発送を持ってご予約完了と
させていただきます。
-
2014年は1月、2月と連続公演!
東京フェスティバル祭りやぁ〜〜〜♡
Bco8ubacqaaf6za
1480494_391396550996646_285410714_n

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2つの作品の共通点とは?

578694_619160304808473_72486118_n_2
写真は先日、
東急Bunkamuraに行った際 展示されていた
昭和の渋谷駅前のミニチュアなんですが・・・
-
オリンピック開催に向けて首都高速が建設工事中で、
路面電車が走っているなど いまの渋谷の風景が生まれる前の時代です。
-
-
2014年①月(1/23〜27)
松尾貴史&松永玲子によるユニットπ×π(パイパイ)
旗揚げ公演『マーブル』
-
-
2014年②月(2/5〜11)
第24回下北沢演劇祭 参加作品
劇団東京フェスティバル第14回公演『幸福な職場』
-
-
-
この作品は偶然にも 昭和を舞台にした物語なのです。
まあ、ボクが作・演出ですから、
「偶然もなにも、テメエのさじ加減次第だろ!」
というツッコミが聞こえてきそうですが・・・
-
-
-
そしてもうひとつ・・・ 重要な共通点があります。
それは、いわゆる『マイノリティ』の世界を描いているところ。
マイノリティといっても、いろいろあるのですが、
その詳細はもう、両方ご覧いただくしかないワケですが…(笑)
-
-
昭和ノスタルジーにひたりながら、
いま生きる「現代」を考える…そんな両作品になると思います。
-
-
【マーブル】
-
【幸福な職場】
-
-
どちらのチケットも わたくしのほうで承ります!
Facebookのメッセージや、メール、電話などでご用命下さい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『倍返しだ!』…なんて簡単に言えないあなたに贈る 心に優しい感動舞台

『倍返しだ!』…なんて簡単に言えないあなたに贈る
心に優しい感動舞台が年明け2014年2月に上演されることになりました!
タイトルは・・・
『幸福な職場』
2014_2
この作品は2009年、2010年に上演していますが
どちらも小劇場でこじんまりとやっていました。
-
まあ、その点は今回も変わらずなんですが…
劇団東京フェスティバルって、ほんと弱小劇団ですが…
この作品に関しては、
東京都立国立高校の文化祭で上演されたり、
高知県の土佐女子高校・演劇部が上演するなど…
その評判はじわじわと全国区になりかけてます(笑)
-
-
これは、昭和30年代…大田区にあった
町工場で起きた実話をベースにした職場ドラマです。
-
-
でも、半沢直樹のような人は出て来ません。
みんな心の内に何かを秘めて働くフツーの人々…。
そんなところに、突然やってきたひとりの少女。
-
-
彼女は知的障害を持っていました。
昭和30年代は、いまよりもっと、
そういった方々に対する偏見が根強かった時代です。
-
-
彼女が職業体験としてやってきたことから
この会社は大きく変わり・・・
いま現在・・・黒板で使うチョークのトップメーカーとして君臨!
全従業員の70%が知的障害者という社員構成で
国内シェアでトップクラスのポジションを誇っています。
-
-
-
ああああ・・・どんなお話なんでしょうねぇ〜???
知的障害者の雇用が物語の軸になっていますが
これは、いわゆる派遣問題やら、ブラック企業問題など
現代に通じる職業問題を考えるうえで参考になるお話です。
-
フィクションとして架空の人物を入れることで
物語として見応えあるものになっているかと思います。
-
-
-
その顔合わせが昨晩おこなわれました↓
Imag2906_1
2009年、2010年と上演して今回が3回目。
手前味噌ですが…これだけ再演を重ねているということは
クオリティ&評判の高さを物語っていると言っていいでしょう。
-
-
詳細は随時お伝えしてゆきます!
ぜひ、ご覧ください!
-
-
-
【公演日程】
2014年2月 下北沢・駅前劇場
(小田急線/京王線「下北沢駅」南口改札徒歩0分!)
★★★
2/5(水)19:30
2/6(木)15:00/19:30
2/7(金)19:30
2/8(土)14:00/18:00
2/9(日)14:00 
2/10(月)19:30
2/11(火・祝)13:00/17:00
2/12(水)14:00
★★★
【チケット】
4500円(前売、当日共通)
12/21(土)発売開始!
(上記アドレスは12/21(土)から稼働いたします)
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

出版社

ありがたいことに
舞台『幸福な職場』の上演を希望される学校・地方公共団体からのお問い合わせを
多数いただいております。

白水社さんかどこか出版社さんから
戯曲本を出せないものでしょうか・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

下北沢に根付く

きたむらけんじ プロフィール

舞台「幸福な職場」の稽古が始まったころに植え替えた観葉植物が
夏の日差しを浴びて、
日に日に大きな葉っぱを出して成長しています。
鉢いっぱいになっていた根っこが、
大きな鉢に植え替えることで開放され
成長スピードを速めたようです。

そして・・・6月に生まれた我が子も
この1ヶ月半の間に、体重が2倍。
手のひらにおさまっていた頭のサイズも2倍。

すくすく育つ我が子と観葉植物のように
わが劇団も、ようやく下北沢に根付くことができた気がします。
(*ご来場いただいた方の感想は『お客さまの声』をご参照ください)

お客さんからの期待を栄養にして
これから、さらに飛躍していけるよう、がんばります。

ご来場いただきましたたくさんのお客さま
あらためまして、御礼申し上げます。

また、舞台告知にご協力をいただいたみなさま
公演期間中、
さまざまな形でお力添えをいただいた関係者のみなさま
無事、千秋楽を終えることができました。
みなさまの支えなくしては、なしえなかったコトです。
ありがとうございました。


次回は10月、
本多劇場グループ・シアター711。
新作『スフィンクスと諭吉』(仮)
おたのしみに!

千秋楽を観に来てくださったMariEriさんとの記念写真。
このありえないシチュエーションに完全に緊張して
顔がこわばっている 作・演きたむらけんじ
20100726104942
ぜひぜひ、おふたりにも、
ウチの芝居に出演していただきたい!!!

あまりに表情がガチガチだったため
撮り直した写真は、おふたりの公式ブログに掲載中!
MariEriオフィシャルブログ『MariEriの水戸納豆風呂ぐ』

| | コメント (2) | トラックバック (0)

『幸福な職場』ご予約受付中!

Img


『この職場には、幸せがつまっている』

昭和34年。
とある町工場で生まれた小さな「幸せ」が
いま、ボクたちに問いかける。

ひょんなことから同僚になったひとりの女の子。
当たり前の日常がささやかな奇蹟を呼び
町工場は少しづつ変化していく。

2009年、感動を呼び好評を博した物語 待望の再演!
…あなたの職場、しあわせですか?

(*初演時のブログ1*)
(*初演時のブログ2*)

【期間】
2010年7月21日(水)〜25日(日)全6回公演

【料金】
前売り3500円、当日3800円

携帯からの予約はこちらをクリック!



CoRich舞台芸術! FX比較 FXブログ 通販ショップ

【会場】
下北沢 小劇場「楽園」
世田谷区北沢2-10-8
藤和下北沢ハイタウンB棟地下1F

【作・演出】
きたむらけんじ
(放送作家*プロフィール欄をご参照ください )

【出演】
松村穣
高槻純
滝寛式(はえぎわ)
池田良
中村恵子(映像・舞台企画集団ハルベリー)
古地香織

【スタッフ】
たなか一絵(照明)
香田泉(音響)
渡辺佳子(美術)
山本祐子(制作)
ruri(宣伝美術)

こころに優しいお芝居、いかがですか?

なんのために働いているんだろう?
ふっと疑問に思ったことありませんか?
そんなあなたにおすすめのお芝居ができました。

川崎市に「日本理化学工業」という
黒板で使うチョークを作る会社が実在します。
ここは、全従業員の70%が知的障害者の方々です。
さらに、チョークメーカーとして
国内トップのシェアを誇っています。
ビジネス書「日本で一番大切にしたい会社」で紹介され、
以後、テレビや雑誌でも、よく取り上げられているので、
ご覧になった方も多いと思います。

あの会社の実話をベースに脚色した舞台、それが
「幸福な職場」です。

<あらすじ>
昭和34年(1959年)。
皇太子様と美智子様のご成婚パレードがおこなわれ、
長嶋茂雄さんがまだプロ野球人生2年目の年・・・
とある町工場を訪ねるひとりの女性教師がいた。

彼女は養護学校の先生で、
「来春、卒業する知的障害者を雇ってくれませんか?」と、
お願いしにやってきたのだった。

あいかわらず雇用情勢が厳しい2010年。
「人を雇うこと」「雇われること」そして
「人間が働く意味」を問いかける感動物語「幸福な職場」。
ぜひ、ご覧ください!


【ごあいさつ】
今回の作品はかなりハードルの高い題材でした。
演出のため用意した音声も、
ふざけて作ったワケではないのですが、
実際に劇場で聞いてみると、
芝居で積み上げてきたトーンを一気に崩してしまうと判断して
急遽、取りやめにしたほどです。

(*音声作成にご協力いただいたみなさま、ごめんなさい)

コメディを作る時のように、
伏線を張ってオチをつけるという
ロジカルなアプローチは一切排除して、
いかにボク自身の感情が揺れるか
というコトだけを判断基準にして
キーボードを打ち続けました。

この物語は、知的障害者の雇用を題材にしていますが
どこの職場でも起こりうる、
ささやかな人間模様を描いています。
ありふれた職場に生まれた小さな「幸福」、
上演時間、約90分間で体験してみてください。
63d620a2872086a30be1df6d22b0448e


| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧