最近のトラックバック

« 日報 | トップページ | オカメインコ »

演劇ミシュラン

演劇ってつまらない。
そういうイメージありませんか?

映画やお気に入りのアーチストのライブと比べて
”お義理”でいく「ハメ」になった舞台を観て
「あ〜、やっぱり今回もつまらなかった」って・・・。

正直、ボク自身もそう感じることが多い。
10回観に行って、「まあ、お金を払う価値があったな」
と思える舞台は1回あるか無いか。

それなりに中堅の劇場でやっている舞台や
テレビでも大活躍、喜劇出身の有名タレントが出ている舞台でも
「???????」と思うこともしばしば。

これが、演劇人口を減らしていると思う。
これは、演劇をやっている人間にとって
最悪の悪循環。

演劇ってつまらないんでしょ→でも、まあ、友だちが役者をやっているから義理で行くか→
ああ、やっぱりつまらなかった→決して、自ら舞台など観に行くまい

これでいいんですか?
こんなことで!
悲しいです。

つまらない舞台をやってはいけないとは言いませんが
つまらない舞台は、入場料を無料にすべきです。
もう、足の引っ張り合いは止めましょうよ。
ひとつのエンターテイメントとして、ちゃんと確立した分野にしましょうよ。

ぴあに載っているから面白いワケでは決してありませんからね!
・・・なんだろう、どこか第三者が審査して星をつける
「演劇ミシュラン」的な組織が必要かもしれない。

でも、一番の問題は
つまらない舞台をやっていることを
本人が自覚していないことなんだよな・・・

もうオレ、知らないよ

« 日報 | トップページ | オカメインコ »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/414033/32303516

この記事へのトラックバック一覧です: 演劇ミシュラン:

« 日報 | トップページ | オカメインコ »

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ