最近のトラックバック

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 賀集利樹さんから差し入れ頂きました〜〜〜 | トップページ | 舞台「幸福な職場」千秋楽 間もなく完売! »

涙あり、笑いありの舞台「幸福な職場」3日目終了

6日間という、この規模の劇場でおこなう公演としては
比較的長丁場でおこなっている今回。
中だるみする危険性の高い3日目は
結果、最高の舞台となりました。

作・演出をしているため、
まぁ、滅多なコトで自作に感動を覚えることはありませんが、
きょうの舞台は最高だったと思います。
エンディングでもジワァ〜と溢れるものがあり
「いかんいかん、作・演が泣いてどうする」と
気持ちを切り替えてお客様の送り出しのため階段を駆け下りた。

3日目は、舞台のモデルとなった「日本理化学工業」ご一行様の第一陣がいらっしゃった回だったため
終演後、会社の方と名刺交換をさせていただきました。
この舞台は、日本理化学工業の会長と従業員のみなさまの歴史と現在(いま)が無ければ存在しなかったモノです。
それを想うと、感情を抑えることができず・・・。
その後、みなさんと一緒に記念撮影もさせていただき、
「この舞台をやって本当に良かった」と
改めて実感しました。


この3日間、お客様からたくさんのアンケートを頂戴しました。
そのなかに「笑いあり、涙ありの舞台で楽しみました」「重すぎず、見やすかった」
という評価を数多くいただいております。
「脚本は売っていないの?」とのお声もいただきました。
ホント、うれしいコトです。


舞台には「初日」が2日あるそうで・・・
公演日程の一番最初を「初日」と呼ぶのは当たり前ですが・・・
そのほかに、稽古を終え、本番を迎え、理想型の舞台をお見せできた日を
「初日」というそうです。
その意味で、3日目は、まさに「初日」が出た日でした。

もちろん、それまでの1日目、2日目も
最良の舞台をお見せしよう!と集中して舞台に臨んだ結果ですので
各日最高のモノをお見せできていると確信しております。

折り返しとなる4日目も
最良の舞台をお見せいたします。
お仕事帰りによっていただくには丁度良い、19:30開演です。
ぜひ、足をお運びください!


チケット:3500円
(前売り・当日券共通*当日精算)

(チケットのご予約はこちら携帯の方はこちら

タイトル:「幸福な職場」

期間:2009年4月24日(金)〜29(金)
   4/24(金)19:30〜
   4/25(土)19:30〜
   4/26(日)14:00〜
   4/27(月)19:30〜
   4/28(火)19:30〜
   4/29(水)14:00〜

場所:千本桜ホール
   (東急東横線「学芸大学駅」下車徒歩1分)

CAST:(五十音順)

秋本泰英(あきもと・やすひで)

織田あいか(おた・あいか)

高槻純(たかつき・じゅん)

中西晶大(なかにし・まさひろ)

橋本淳(はしもと・あつし)

山口果歩(やまぐち・かほ)

STAFF
舞台美術:渡辺佳子(KAZNA art,is inc.)
照明:株式会社ライトスタッフ
音響:香田泉(こうだ・せん)
脚本/演出:きたむらけんじ
制作:劇団 東京フェスティバル


« 賀集利樹さんから差し入れ頂きました〜〜〜 | トップページ | 舞台「幸福な職場」千秋楽 間もなく完売! »

舞台『幸福な職場』(09.4&10.7&14.2)関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 涙あり、笑いありの舞台「幸福な職場」3日目終了:

« 賀集利樹さんから差し入れ頂きました〜〜〜 | トップページ | 舞台「幸福な職場」千秋楽 間もなく完売! »