最近のトラックバック

« 社員に運転させることのある会社経営者の難しさ | トップページ | おもしろい じつに おもしろい »

完璧なタイミング

きのう役所に提出した婚姻届。
受付をしてくれた職員の方は言った
「届けに問題がなければ連絡はいきません」
「連絡がいかないということは受理されたとお考え下さい」
そしてきょう、役所が終わる5時になっても
ボクの携帯は鳴らなかった。

5時、番組の定例会議が終わり
お役所の業務も終了。
晴れて戸籍上も夫婦となったボクらに向けて
J-WAVEのKディレクターから最高の贈り物を頂くことになる。
ボクが愛するアーティスト SSさんから
「Happy Wedding」と書かれた色紙をいただいたのだ!!!

Dsc00851

SSさんから頂くことはもちろんのこと
SSさんから色紙をいただくために奔走してくれた
Kディレクター、レコード会社担当者Tさんなどなど
みなさんのおかげでこの一枚があるかと思うと
またちょっと、ウルッときてしまった。

この喜び、色紙の実物を一刻も早くカミさん見せてあげたくて
最寄駅に着いたあと、
ホームを歩きながらカミさんの携帯に連絡しようとしていたら
うしろから肩に手がかかり
「おかえり〜」

一緒に改札を出て
以前から目を付けていた洋食屋で夕飯をとることにした。
そこは午後8時までしか営業していないカウンターだけの洋食屋。
歩道からガラス越しに覗くその店は
お洒落で大人な雰囲気ただようカウンターバーのようだ。

扉を開けるとご夫婦と思われる2人連れと、
男性の1人客が座っていた。
男性がひとつ椅子をズレてくれたおかげでボクらは並んで座ることができた。
と、店主は言った。
「すいません」
ボクは咄嗟に思った
「予約が無いとダメですか?」
「いや、そうじゃなくて・・・ちょっと、お料理作るのにお時間を頂くかもしれないんですが」

ゆっくりと夕食の時間を過ごすために入ったのだ
料理ができる時間は問題ではない。
さっそく、ハンバーグと本日の魚料理を頼む。

料理ができるまでのあいだ
ボクはカバンからSSさんのサインを取り出し
その喜びを分かち合う。

ボクはビール。
カミさんは白ワイン。
空きっ腹にアルコールで
ほろ酔い気分になったころ、料理が出てきた。
ご主人の心のこもったやわらかい味わいだった。

しばらく、カミさんと会話を楽しんでいると・・・
ふいに、ボクの耳にご夫婦らしき2人連れの会話が飛び込んできた。
「黒木メイサちゃんや堀木真希ちゃんは、いい感じで役者のステップをあがっていて嬉しい」
などなど・・・
どう聞いても素人の芸能評ではない、その内容に、思わず耳がそばだった。

カミさんの話も聞きながら、
ボクの視線はチラリと、奥に座る声の主に向けられた。
「!」

なんと!
ボクがこよなく愛するドラマで
なんともチャーミングな役を演じていた名優
OTさんではないか!!!

ボクはカミさんの話を聞きながら考えた。
きょう、思い切って自己紹介をしておくべきではないか・・・こんなチャンス、滅多にないぞ!
いやいや、ここは、プライベートな空間だ・・・声をかけること自体、野暮ではないか。
そもそも、このお店の雰囲気は、お客さん同士、
干渉しないところから生まれている静謐な世界ではないか。

さまざまな葛藤と好奇心が頭の中を駆けめぐっていたその時、
ワインボトルを3本ほど持った男性が入ってきた。
その男性にOTさんは声をかけた。

「よぉ〜!」
「あぁ!どうも!」
「あの、これ、ボクのマネージャー」
「あぁ、どうも!」
「この人は近所の酒屋さんね。8時になると店が閉まるから、その前にお酒を持ってくるんだ」

OTさんはこの店のかなりの常連さんなのだ!
8時近くになるまで店にいなければ分からなかったことだ。

ボクは決めた。
このお店の常連になろう、と。
そして、ご主人とも顔見知りになったころ、
自信作の台本と、過去の作品DVDを持参して、
OTさんに紹介していただこうと決めたのだ。

役者をしているときのOTさんと
洋食屋でお話をしているときのOTさんは
声の質が明らかに違っていた。
あまりの違いに、他人のそら似かと思ったほどだ。
名優は声のトーンも自在に変えてしまうのだ。

大好きなアーティストからサインをもらい
大好きなドラマの大好きな役を演じていた役者さんをお見かけし
カミさんと2人、意気揚々、上機嫌で家までの道をゆく。
興奮状態のボクを見て、カミさんが言う
「この出会いを舞台にしたらいいじゃない」
グッドアイデアだ!

マンションに到着して、廊下を歩いていると
我が家の玄関先に宅配便の配達員さんが立っている。
思わず手を挙げ
「あ、そこ、ボクんちです」
「よかった〜」

荷物は妹からだった。
紙袋を開けるとそこには
洋菓子とメッセージカードが入っていた。

「お誕生日おめでとうございます!」
T&Y

ハンバーグのあと、デザートにマカロン。
完璧なタイミングだ。

Dsc00852

« 社員に運転させることのある会社経営者の難しさ | トップページ | おもしろい じつに おもしろい »

日記」カテゴリの記事

コメント

おめでとう one more time!
shine

ありがトウッ!fuji

業務連絡telephone
近くJAMの黒田さんから連絡がいくかもです

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/414033/24633090

この記事へのトラックバック一覧です: 完璧なタイミング:

« 社員に運転させることのある会社経営者の難しさ | トップページ | おもしろい じつに おもしろい »

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ